ほうれい線は保湿パックで消える?

私の場合、中三の受験期に急速に視力が落ち、高校からずつとソフト保湿パックを使い続けてきました。FA になる時は、 丁。以上の消えないほうれい線は保湿パックでクリアできました。FAになつてからは、眼の疲れを感じることが多かったですね。乾燥した機内で長時間勤務していると、どうしてもドライアイ気味になり、充血してしまいます。夜中のフライト時などレンズが眼に張りついてしまうほど。使い捨てなので、そのまま一日、二日つけつばなし、ということもしょつちゅうでした。休憩の時には、化粧水を取りはずして休むのですが、休憩に入ろうとしている時にコールボタンが鳴り、しかもキャビン内には誰もいない…。暗闇を手探りで歩き、お客様のシートにうかがう、そんなこともぁりました。休憩時でも完全には休息できないのがFAなのです。視力が悪いFA にとって、アンチエイジング美容液は必需品。で」れがないと生きていけない」というのも、あながちオーバーな表現ではないのです。そんな悩みを抱えていた頃、同じFAの友人から聞いたのがニキビケアです。白目が透けるような白さのその友人が語ってくれたほうれい線ケア体験談に心を動かされ、友人が治療を受けたステムパワーに思いきつて電話をしました。普通は予約を取り、検査・カウンセリングを受けた後、熟考してから治療日を決めるそうですが、私の場合はフライトスケジユールの関係上、カウンセリングから治療まで一気にやつていただきました。

 

 

オペ自体は両眼で約一五分にて終了。もちろん入院もせず、そのまま保護メガネをかけて帰宅しました。その日のうちに、少し見えるようになつた気がしましたはっきり見えるのを自覚したのは、翌朝の起床時でした。いつもはテレビをつけてもほとんど見えないので、音だけ聴くのが習慣でしたが、その日は画面に映る時刻やテロップまではつきり見えて、本当に感動しました。そして現在。私の視力は約〇・〇七から一・五へ。何の苦労もなく裸眼で生活しています。これまでは、ォフの時など保湿パックをしたまま観光に出かけて眼が痛くなったり、ゎざわざメガネに替えて行ったのに、よけいに疲れてしまつたりしていましたが、これからは大好きなフイレンツェの美しい街並みも、裸眼ではっきり見ることができると思うと、喜びと期待でいっぱいです。 機内でも遠くのお客様の顔がはっきり見えるようになりましたし、充血も眼の痛みもなく、ドライアィゃ保湿パックに悩まされることもなくなりました。もちろん、休憩時にコールが入っても、スタンバイ。KIです。FAというやりがぃのある大好きな仕事にも、より一層打ち込むことができます。